So-net無料ブログ作成

ワールドオブダンス [好きな事・趣味]

最近BS放送のBS258「DLife」を見ています。海外ドラマも海外エンターテイメント番組もディズニー番組もいっぱいやっているのに無料で視聴できる。かなり貴重なチャンネルです。

毎週楽しみにしているいくつかの番組の中で、次どうなるのかとワクワクしているのは、「World of Dance」ワールドオブダンス です。現在は月曜20時。

世界トップクラスのダンサー達のオリンピックとも言える大きな大会。賞金は「1million dollors」つまり「1億円」。賞金も世界レベル。ダンスのクオリティーも世界レベル!世界レベルというものを如実に体感できます。

すでに10週中の6週が終了。二次予選デュアルが終わりました。
次の月曜日が7週目で三次予選カットが始まります。(それまでの間に再放送有)

参加ダンサーは、18歳以下の”ジュニア”部門と18歳以上の”アッパーダンサー(4人組以下)”部門と”チーム(5人組以上)”部門に分かれて、審査員の評価が平均で80点以上になれば、二次予選デュアルに進みます。

しかし、その二次予選デュアルは、ジュニアもアッパーもチームも関係なく、評価上位選手が対戦したい相手を指名して、1対1でガチンコ対決。最後は残った3つのチームでガチンコ対決でした。

最初に分けた部門は吹っ飛んでしまうのもビックリしました。つまり、ソロダンサーもグループ・チームダンサーも関係なく対決し、最後の一人が優勝者となります。

私のお気に入りダンサーは、ダイアナ・ポンボという12歳位のソロダンサーとイアン・イーストウッド&ザ・ヤング・ライオンズというチームダンサー。

(私自身も誰が優勝したのかとか知りたくないので、細かい検索はしていませんので、私の個人的な感想です。)

ダイアナは、普通にしてば小柄なかわいい女の子。でも踊りだすと、炎の戦士。踊っている姿を見ていたら、彼女の心の奥底に煮えたぎっている情熱と戦いに来たという炎の戦士のイメージとピッタリ重なってしまって。。。感動しました。あのダンスは未だに忘れられません!幼いながらも最後まで勝ち残ってほしい。

イアン・イーストウッド&ザ・ヤング・ライオンズもすごく感じのいいチーム。イアンがインタビューの時に、負けるかもしれないと一番ネガティブな言葉を言っています。でも、ダンスが始まると、いろいろな雑念がないダンスを踊るのです。難しいダンスも何でもないみたいに、生み出す苦悩のようなものを感じさせない軽くて、表情も豊かで、所作が美しいというのでしょうか。

最後に、ダンスももちろん注目ですが、審査員3人が演技終了後に、どう感じたかを伝えます。(審査員は、ジェニファー・ロペス、NE-YO、デレク・ハフ)

その言葉が、褒める時も、あまりよくなかった時も、どうすればいいのかという時も、的確に上手に表現しているのです。

褒めるのは、良いことを言うから発言者も言いやすいと思います。でも、それ以外のことを、否定するのではなく、でも自分の信条に反さずに本人たちに伝えるのは大変な事です。

同じ言葉の繰り返しなんて全く感じませんでした。言葉の表現力もプロフェッショナルな方々だなと、だからとても勉強になります。

もう3次予選カットですが、選りすぐりのダンスは見る価値があると思いますよ。

ダイアナ・ポンボさん、イアン・イーストウッド&ザ・ヤング・ライオンズのダンスも注目です!

nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0