So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ワールドオブダンス 部門別ファイナル#9 [好きな事・趣味]

ついに部門別ファイナルが決まりました。

部門は3つ。チーム・アッパー・ジュニア

チーム部門は5人以上のグループダンサー
・キンジャズ
・スウィングラティーノ

どちらのチームも素晴らしいパフォーマンスでした。

キンジャズは大勢いるのに動きがピッタリとシンクロしていて、ジェニファーから「クリーンなパフォーマンスね」といつも褒められているスゴイチーム。

毎回斬新で引き込まれる作品を堪能させてくれます。今回は応援してくれている親御さんや周りの方への感謝など心の内面を表現した作品。パフォーマンスの時間がもっと長かったらよかった。

一方、スウィングラティーノ。ラテンの情熱を余すところなく踊り切って、各国の国旗もあって、ダイナミックで、パフォーマンスが終わった後、感動してしまいました。そのダンスに込めた熱いソウルが伝わって、涙ぐんでしまいました。

やはりスウィングラティーノは、スパンコールでキラキラ輝いている姿がマッチしています!(前回は光物はすべて取り去って勝負をかけていました!ちょっと寂しかった)

一番最初に、今回のワールドオブダンスにスウィングラティーノが登場した時とは比べ物にならないくらい、進化して、情熱がみなぎって。感覚もダンスも研ぎ澄まされて、会場も視聴者も巻き込んでいくエネルギーを感じました。

本当にすばらしい!

アッパーダンサー部門・・・
・キオネ&マリー
・レ・ツインズ  
が登場。

キオネ&マリーは、最初はCGなのかと思ってしまったほど、モノクロのレトロな時代をメイクで演出。ちょっとタイムスリップした感覚を味わうことができました。こんな表現もあるのですね


レ・ツインズには、悲しい出来事がありました。試練の時。部門別ファイナルの3日前に、ローランが左足を負傷。それでも、ニーヨのあたたかいアドバイスもあり、出場を決意。当日は、車椅子に座りながらも、そんなことを感じさせない渾身のクリーンなパフォーマンスを披露。こちらもそのひたむきさに感動。

双子のつながりの深さを非常に感じました。こちらもじんわりと涙。やはりソウルのこもったパフォーマンスは、人を釘付けにします。研ぎ澄まされたパフォーマンスをありがとう!

最後に、ジュニア部門。
・ダイアナ・ポンボ
・エヴァ・アイゴ
ソロダンサー同士のダンスバトル。

ダイアナちゃんは、子供らしくかわいらしいリズミカルなダンスを披露すると宣言。その為に燃えるような内に秘めた感情と表情を封印。でも、彼女の情熱や燃えるような感情をもっとパワフルに表現してほしかった。

エヴァちゃんの覚醒ぶりには、前回(#8第3次カット予選)から驚かされた。前回ジェニファーの「自分のネガティブな感情を表現することを恐れないで。殻を破って」という言葉で、彼女の中の何かが目に見えて変わった。

同じ人物なのかと思うほど、表情も表現も豊かに、のびのびと踊るようになったのです。人って、誰かの一言で自分の殻を破れるという姿を目撃しました。

気がつけば、もう9回目の放送が終了。残るはワールドファイナル。今から楽しみにしています!

部門別を制した3名が100万ドルをかけたバトルに挑む!この素晴らしい緊張感のある番組があと1回しか楽しめないなんて。

世界レベルのダンスとはこういうものかということが、よく分かります。

確かにパフォーマンスの出来・不出来もあるけれど、そこからにじみ出てくるその人の信念とか、哲学とか、強い思いとかに人は心動かされて、また感動するのですね!クリエイティブなものには、その人の魂が宿っている!

月並みな言い方だけど、”言葉なんていらない”というのはそういう事なのかも。

nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

難聴の家族とのコミュニケーションツール:拡声器とミニマイク [買って良かったもの]

難聴の家族とのコミュニケーションはのどが痛みます。

よく聞こえないとは言っていたけれど、その程度が実感でわかりづらく、うなづいているなど反応を見ながら、声の大きさを変えるなどで対応していました。

それでも、やはり抜け落ちている部分も…

「何故その時に言ってくれないの」と聞いてみると、「えっ?えっ?と聞き返しばかりになるのが嫌だから…」と言います。

何年もこんな感じの状態で大声を張り上げていたら、最近は私ののども痛みがひどく、限界です。声を出さなくても、のどがヒリヒリ。

難聴である当の本人も、知らず知らず大声になっていて…のどの痛みがひどく、声を出すのもつらいという、
お互いののどにも限界が訪れていたのです。

このままでは、話すという行為自体も楽しめなくなってしまいます。音はもっと大きければ聞こえるとのこと。

ということで、拡声器を購入しました。(スマホやPC対応ではありません。)
良い点
・卓上の小型の拡声器です。
・充電式で、ミニプラグ。
・持ち運びにも軽くて気になりません。
・スイッチを回せば電源が入るので、機械が苦手という高齢者の方にもシンプルです。
・この付属品のヘッドマイク付き。講義やイベントをする時に使うには、軽く頭を締め付けられている感じはなく、使いやすい。

人によっては…
・スイッチを入れて起動するまで5秒ほどかかるので、気持ちなどが焦っている時は、もどかしいかも。
・マイクの先端のみで集音するので、マイクの角度を常に気を付ける必要あり。

Acekool ポータブル拡声器 ハンズフリー/コンパクト/充電式 15w 2000mah マイクロスピーカー内蔵 高音質 音楽&音声同時出力 ポータブル拡声器 ハンズフリー 講義や講演、店頭販売、街頭演説、体操、スポーツインストラクターなどに最適!(改良版) SHIDU-M600
更に、私の場合、家の中で使用し、常に食卓の机の上にあります。日常やご飯を食べたり、飲み物を飲んだりと、口元にマイクがあると邪魔になってしまうことが難点でした。

クリップで胸元につけることができるマイクを探しました。そこで、見つけたのが、ミニマイクです。

このマイクは、上記の拡声器と違って、全指向性マイクで360度の集音してくれます。首元にクリップ止めをすれば、もうマイクの位置を気にする必要もなくなりました。

注意点としては、このマイクは、かなり感度がよい。今まで以上に(1メートル位)でもハウリングしてしまいます。かなり大きい音になることも!

対応策として、透明のプラスチックの引出しに入れ、すこし引出しを開きながら使用するとハウリングだけ消えています。いろいろ試してみる必要があります。

音が聞こえにくいというのは、お互いに気を使います。会話がしたくても、迷惑をかけてしまうからいいやと会話するのを自然に避けてしまうようになってしまいます。

それが度重なると、孤独感を募らせてしまったりと、知らず知らずに、負のスパイラルになってしまいがちです。お互いの喉も気持ちも痛みきってしまうかもしれません!

毎日のことですから、気軽に使えるツールが必要でした。

お互いに何気ない日常会話を楽しむように、またできるようになってよかったと思っています。

nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

ワールドオブダンス [好きな事・趣味]

最近BS放送のBS258「DLife」を見ています。海外ドラマも海外エンターテイメント番組もディズニー番組もいっぱいやっているのに無料で視聴できる。かなり貴重なチャンネルです。

毎週楽しみにしているいくつかの番組の中で、次どうなるのかとワクワクしているのは、「World of Dance」ワールドオブダンス です。現在は月曜20時。

世界トップクラスのダンサー達のオリンピックとも言える大きな大会。賞金は「1million dollors」つまり「1億円」。賞金も世界レベル。ダンスのクオリティーも世界レベル!世界レベルというものを如実に体感できます。

すでに10週中の6週が終了。二次予選デュアルが終わりました。
次の月曜日が7週目で三次予選カットが始まります。(それまでの間に再放送有)

参加ダンサーは、18歳以下の”ジュニア”部門と18歳以上の”アッパーダンサー(4人組以下)”部門と”チーム(5人組以上)”部門に分かれて、審査員の評価が平均で80点以上になれば、二次予選デュアルに進みます。

しかし、その二次予選デュアルは、ジュニアもアッパーもチームも関係なく、評価上位選手が対戦したい相手を指名して、1対1でガチンコ対決。最後は残った3つのチームでガチンコ対決でした。

最初に分けた部門は吹っ飛んでしまうのもビックリしました。つまり、ソロダンサーもグループ・チームダンサーも関係なく対決し、最後の一人が優勝者となります。

私のお気に入りダンサーは、ダイアナ・ポンボという12歳位のソロダンサーとイアン・イーストウッド&ザ・ヤング・ライオンズというチームダンサー。

(私自身も誰が優勝したのかとか知りたくないので、細かい検索はしていませんので、私の個人的な感想です。)

ダイアナは、普通にしてば小柄なかわいい女の子。でも踊りだすと、炎の戦士。踊っている姿を見ていたら、彼女の心の奥底に煮えたぎっている情熱と戦いに来たという炎の戦士のイメージとピッタリ重なってしまって。。。感動しました。あのダンスは未だに忘れられません!幼いながらも最後まで勝ち残ってほしい。

イアン・イーストウッド&ザ・ヤング・ライオンズもすごく感じのいいチーム。イアンがインタビューの時に、負けるかもしれないと一番ネガティブな言葉を言っています。でも、ダンスが始まると、いろいろな雑念がないダンスを踊るのです。難しいダンスも何でもないみたいに、生み出す苦悩のようなものを感じさせない軽くて、表情も豊かで、所作が美しいというのでしょうか。

最後に、ダンスももちろん注目ですが、審査員3人が演技終了後に、どう感じたかを伝えます。(審査員は、ジェニファー・ロペス、NE-YO、デレク・ハフ)

その言葉が、褒める時も、あまりよくなかった時も、どうすればいいのかという時も、的確に上手に表現しているのです。

褒めるのは、良いことを言うから発言者も言いやすいと思います。でも、それ以外のことを、否定するのではなく、でも自分の信条に反さずに本人たちに伝えるのは大変な事です。

同じ言葉の繰り返しなんて全く感じませんでした。言葉の表現力もプロフェッショナルな方々だなと、だからとても勉強になります。

もう3次予選カットですが、選りすぐりのダンスは見る価値があると思いますよ。

ダイアナ・ポンボさん、イアン・イーストウッド&ザ・ヤング・ライオンズのダンスも注目です!

nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

日焼けしない人の為のUVケア [買って良かったもの]

5月なのに暑いですね。

お昼ごろの日差しは、真上からの直射日光のために日陰が限りなく少なくて…逃げ場がありません

直射日光を浴びるのは日焼けの原因、シミの原因になります。道路などで紫外線が乱反射してくるので、日傘をしていても全く安心できません。

目から紫外線が入ると、身体にとっての”敵”となる紫外線が入ってきたとメラニン反応が起こり、これもまた日焼けの原因になります。すみにくい世の中になりました。


去年まで、スプレータイプのUVケアをして、スプレーを顔や身体に直接吹きかけまくっていたのですが、これはやめた方が良いです。おススメいたしません[ふらふら]

UVスプレーは効果が低いという意見が多数でした。あと、個人的には、何度も噴射していると顔などがギトギトになってしまいました。油っぽくなったり、油取り紙で取ると、全部とれてしまった感じがして心配ばかり。

今年になってから調べてみて、最近大評判のアネッサにしてみました。

調べた時の1番人気はアネッサパーフェクトスキンケアミルク。


アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL

  • 出版社/メーカー: 資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品







  • 近所のドラックストアでも品切れ続出。店員さんが「この商品は入ってくるとすぐ売れてしまうのよね~」とおっしゃっていました。

私も何とか手に入れて使ってみました!べたつきもなく、サラサラで、しかも、白くなりすぎず、非常に使いやすい。入手困難になるのも分かります。

顔・首と塗りますが、2時間以内の買い物の時に、毎回使っているとすぐなくなります。外出予定がなければすぐ洗顔してしまうので、段々罪悪感が生まれきて大変。

まだ残っていたUVスプレーは、べたつきが気になり、進んでは使いたくない気分。

そこで見つけたのが、アネッサホワイトニングジェル

アネッサ ホワイトニングUV ジェルn SPF50+/PA++++ 90g 【医薬部外品】

アネッサ ホワイトニングUV ジェルn SPF50+/PA++++ 90g 【医薬部外品】

  • 出版社/メーカー: 資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
容量90gのジェルタイプ。日常使いには、お値段もスキンミルクに比べてお手頃で、美白もできる。

毎日しっかり日焼け止め効果を発揮してくれて、塗りなおしても嫌な感じがしないで、お財布にも肌にも優しいければ、これからも長く使っていけそうです。

外にいる時間も長くて汗をかいたり、スポーツしたりする方には、こちらをおススメ。
アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル SPF50+/PA++++ 90g

アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル SPF50+/PA++++ 90g

  • 出版社/メーカー: 資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

Walking for weight loss Wellness& Energy [Jessica Smith DVD]

WalkOnシリーズというロゴはないけれど、Jessica SmithのウォーキングDVD。2013年制作。

すごくシンプルで、ハイテンポとか、力強い動作がないのに、しっかりとウォーキングできます。

動きのスペースも下の2個目の動画でもわかるように、サークルの中でできる範囲があれば十分。大体前後左右1歩分ほどが目安。

すごく疲れた日やあんまり気乗りがしない日にやるのがおススメ。

DVDを見ながら体を動かしているうちに、気分が良くなってきて、元気になるDVD。

<メニューレビュー>
ウォームアップとクールダウンは5分ずつ別メニュー。

☆High Energy Walk(30mins)
全身運動で、とてもやりやすく、動きやすい。

☆Power Walk(30mins)
最初の15分間両腕を肩からしっかり動かすので、二の腕のタプタプが気になる方にはおススメ。

こちらの方がより負荷のあるバージョンの軽めのインターバルトレーニングなので、体の調子を整えるためにこのメニューを選ぶことがあります

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -